オーデマピゲフローティングトゥールビヨンウォッチが女性のエレガンスを解釈

ブラサス、2020年9月-スイスの高級ブランド時計コピー、オーデマピゲが、ロイヤルオークコンセプトシリーズフローティングトゥールビヨンウォッチの新しい解釈を発表し、優れたデザイン美学と複雑なマイクロメカニカルアートの独創性を実証融合。

 

新しいロイヤルオークコンセプトシリーズフローティングトゥールビヨンフロストゴールドウォッチは18Kローズゴールドまたはホワイトゴールド製で、眩しいフロストゴールドケースとモダンなマルチレイヤーダイヤルがお互いを映し出します。ロイヤルオークコンセプトシリーズがケースにフロストゴールドを使用するのはこれが初めてです。フロストゴールドの職人技は、イタリアのジュエリーデザイナーであるカロライナブッチが現代の技法で新たに解釈し、オーデマピゲの時計のケース装飾に適用された、古代のフィレンツェのジュエリー職人技です。職人は、ダイヤモンドを上に置いた工具を使用して金の表面に当たり、非常に細かいノッチを形成し、ダイヤモンドのスターダストのようなきらめく効果を示します。ケースのつや消し金の表面は、時計のユニークなデザインコンセプトを際立たせ、非常に認識しやすい、磨かれた傾斜面と対照的です。
見事なケースの内側にある多層のダイヤルは、サイズが大きくなる4つの同心円で構成され、まるで6時の位置に浮かぶトゥールビヨンフレームが放射されているように、徐々に青い色相を示します。微妙な色の変化と放射状のパターンが文字盤に深く繊細な美しさを与えています。フローティングトゥールビヨンフレームはモダンなデザインで、透かし彫りのゴールデンリングはブリリアントカットのダイヤモンドで装飾されています。文字盤には、モダンスタイルの純粋な美しさを強調する時間マーカーがありません。
新しい時計は、ブランドの自作キャリバー2964手巻きムーブメントを備え、伝統と現代性を兼ね備えています。浮動トゥールビヨンは、時計の精度に対する重力の影響を打ち消すために使用される複雑な機械装置であり、現在では時計製造の最高峰の1つとして認識されています。これまでのところ、フローティングトゥールビヨンを作るスキルを習得できるのは、世界中の数少ないプロの時計職人だけです。サファイアクリスタルの裏蓋を通して、ムーブメントのリングの磨きがはっきりと見えます。これは文字盤の同心円のデザインに似ています。ムーブメントには、サンドブラストとサテンの研磨が交互に施されており、ケースのつや消しゴールドの職人技と文字盤の放射状仕上げを巧みに反映しています。