手首の賢い選択であるビジネスメンズウォッチのどのブランドが抑制された瞬間であるか

いわゆるビジネスマンとは、一般に職場で一生懸命働き、よりフォーマルな服装をする男性を指します。スーツ、シャツ、革の靴、高品質のカフスボタン、時計パテックフィリップコピー、ペン、ベルト、ブリーフケースは、すべてビジネスエリートのステータスシンボルです。

今日の価値のある経済では、個人的なイメージは能力と関連していることがよくあります。特に「ガンスモークがどこにでもある」職場では、服装や味にこだわる人ほど勢いがいい。

男性向けの3つの主要な時計の1つであり、外観の点で最も直感的です。男性用のビジネス時計にはどちらのブランドが適していますか?日本のISSEY MIYAKE三宅がおすすめです。個性はありますが宣伝ではありません。

ISSEY MIYAKE ROKUシリーズは、有名デザイナーのコンスタンティン・ゲッチとの50周年を記念したコラボレーションデザイン作品です。

彼の作品は、美術史、デザイン、建築に関する彼の集中的な研究と、テクノロジーと素材への情熱で知られています。この時計のROKUシリーズは映画「モダンタイムズ」からインスピレーションを得ており、正面の外観はチャップリンが巨大な歯車の上に横たわっている六角ナットのように見えます。

ROKUのデザインは、六角形と円の2つのグラフィックの相関関係を示しています。六角形のケースは12時間計時に関連付けられており、丸いダイヤルは周期的な時間の動きに似ています。 2つの強力なグラフィックが相互に響き渡ります。 「時間」の概念と同様に、時間、分、秒の経過だけでなく、特定のイベントを記録するための句読点でもあります。

シンプルでユニークな工業美を備えたこの時計は、硬くて柔らかく、ベルトモデルはなめし革を使用し、カーフスキンの自然な質感を保持しています。爪と手は、夜間でも人気の高い蓄光塗料を使用しています。また、認識しやすいです。

では、ビジネスマン向けのISSEY MIYAKEのどのシリーズの時計が良いのでしょうか? ISSEY MIYAKE TOシリーズの核心は、その背後にあるクリエーターにあります。時計のデザインに究極の素材追求を吹き込んだ徳神ヨシオカ。

作成の過程で、彼は完全な金属素材を使用して複雑さと単純さを軽減するという考えを表現することを主張しました。2つのアルミニウムの針では、内側の円のポインターは分針を表し、外側の円のポインターは時針を表し、文字盤の最も外側の円を表します。時間のスケールに対応して、ウブロコピー時間の歴史から際立っている金属のアートワークであるかのように、デザインは特にユニークです。