007シリーズ「Live And Let Die」(ライブアンドレットダイ)に登場したサブマリーナRef。5513。

多くの人々は「007」シリーズとオメガの関係に深く根ざしていますが、初期のジェームズボンドの手首のパートナーはロレックス、特に映画の後半のスターロジャーです。 Moger(Roger Moore)は007スパイマンを演じましたが、ロレックスの時計も最大限に演じました。

 

1973年に初公開された007シリーズ「Live And Let Die」(Live And Let Die)では、Roger Mooreが着用したSubmariner Ref。5513に鋸歯状のベゼルがあり、すばやく回転して手首を結ぶロープを切ることができます。 超強力マグネットなどの超強力オルガンに変身した、目を引くブランズウィックタイプの手とクラウンショルダーパッドは、パワフルなスポーツ感覚とシックなスタイルのロジャーに満ちています。 ムーアは古い世代のファンに懐かしさを残しました。