ブルガリ、9本のブルガリブルガリシティスペシャルエディションを発表

ブルガリは、1970年代にジェラルドジェンタによって設計されたベゼル銘刻文字要素「ブルガリロマ」にさかのぼる、9つの新しいブルガリブルガリ時計IWCスーパーコピーを発売しました。新しいベゼルの碑文には、ローマ、東京、ドバイ、パリ、ロンドン、イビサ、ミラノ、メキシコシティ、ニューヨークの9都市の名前が含まれています。

 

「ブルガリロマ」の刻印が最初に刻まれた時計は、1975年に誕生しました。皇帝の名前が刻まれた古代ローマの通貨に触発され、ブランド名BVLAGRIとブランドローマの発祥の地を巧みに融合させました。最初の時計はクォーツムーブメントを搭載しており、当時のリリース数は100個のみでした。

 

今回発売した新型「ブルガリブルガリ」は、厚さ8.7mmの41mmブラックDLCコーティングステンレススチールケースを使用し、外装は古代ローマのパンテオンの円形アトリウムにインスパイアされています。黒の文字盤は控えめなマットな質感で、細い金色の針と棒状の時間マーカーがあり、12時と6時のローマ時間マーカーは特にエレガントです。

 

BVL 191自動巻きムーブメント、スイング周波数28800vphを搭載し、42時間の電力貯蔵が可能で、実用的な日付表示機能を備えています。 30メートルまで防水。

 

ブラウンのカーフスキンストラップ、ブラックのラバーストラップが付属しています。時計スーパーコピー公式価格4250ユーロ