パネライが時計の「フォルクスワーゲン」になった理由

1860年のパネライワークショップ設立ジョヴァンニパネライは、フィレンツェのサンクスギビングブリッジに時計店を設立しました。このIWCスーパーコピー時計店は、工場であり、市内で最初の時計製造学校でもあります。パネライの歴史はここから始まります。時計店は、20世紀初頭に「Orologeria Svizzera」(スイス時計店)に改名され、サンジョヴァンニ広場にあるパラッツォアルチヴェスコヴィールに移転しました。パネライのフィレンツェ本社の製品ポジショニング:ミリタリーウォッチ/パネライとイギリス海軍の起源パネライの製品ポジショニングはミリタリーウォッチです。このポジショニングは製品デザインにも反映されます。パネライの80%スタイルはすべてタフな男によって運営されています。47mmのダイヤル直径と17mmの時計の厚さのデザインから、これは普通の人々の制御を超えていることが理解できますが、それはヨーロッパとアメリカで愛され、同時に、パネライは2018年から2019年の終わりまで私たちの側で人気があり、中古市場でさえロレックスブラザーを追い越すという幻想を持っています。

 

 

パネライは1930年にイタリア海軍と協力して新しいミリタリーウォッチを発売し始めましたが、同時に、パネライはアメリカのカエルと密接な関係を築いています。パネライはミリタリーウォッチであるため、デザインは間違いなく信頼性と耐久性に優れていますこれはケースから見ることができますほぼ均一な形状(中央のベゼルには正方形の外側ケースが装備されています)、少なくともパネライすべての海海時計の80%はこのスタイルです!パネライはまた、時計の分野で時計ファンから「ウォッチインザウォッチ」と呼ばれています。

 
パネライの形状は、スーパーコピー時計では「フォルクスワーゲン」と呼ばれますが、その信頼性はトップレベルであり、これもミリタリーウォッチとしてのアイデンティティによるものです。パテックフィリップ/ランゲ/ジャガールクルトのような時計ムーブメントを見てパネライを見に来た友人がいるなら、ほとんどのパネライムーブメントのデザインは非常にシンプルで効率的です。はい、しかし、パネライにはまだ非常に正確な時計のムーブメントモデルがありますが、その割合は非常に小さく、結局のところ、パネライの位置は軍用時計です。