ステータスの象徴、それは女性のアクセサリーでした

今日のオメガコピー時計はタイミングツールであるだけでなく、着用者のアイデンティティの象徴でもあります。しかし、腕時計が19世紀の終わりに最初に登場したとき、それは単なる女性のアクセサリーでした。当時、ロレックスの創業者ハンス・ウィルズドルフは時計をタイミングツールとして宣伝していましたが、多くの男性は、時計のタイミングが不正確だったため、時計の着用を拒否しました。

 

 

時計が男性と女性のための単一のアイテムになったのは、第一次世界大戦が終わるまででした。第一次世界大戦に参加した兵士にとって、時計は非常に便利なタイミングツールでした。戦後、多くの兵士が時計をお土産として家に持ち帰りました。

 
1914年、英国天文台はロレックスにクラスAの精密証明書を発行しました。 1930年代までに、懐中時計は時計に置き換わり、それ以来、時計のデザインは変わり続けています。 1967年に導入されたクオーツクロノグラフウォッチには、すでに正確なクロノグラフ機能が搭載されています。 1983年、スウォッチブランドは、さまざまな色のダイヤルを備えた一連の低価格のファッションウォッチを発売し、ファッションウォッチを当時の人気商品にしました。

 

2000年には、多機能携帯電話が時計パネライコピーの地位を徐々に弱め、若い世代にとって時計はもはや不可欠なアイテムではなくなりました。有名なデザイナーのマーク・ジェイコブスは、消費者が時計を取り戻すには、エレガントなアクセサリーにするために再設計する必要があると考えています。その後、多くのブランドが時計に高価なダイヤモンドや希少な宝石を設定しています。今日、この時計は再び着用者のファッションの味とステータスの象徴になりましたが、今回はもはや女性専用ではありません。