ロレックスの時計が熱い理由

スイスの時計ブランドであるロレックスについて話すたびに、その価値とブランド時計スーパーコピー鑑賞の神秘について必ずお話しします。ロレックスは市場流通が少ないため珍しいと言う人もいるだろうし、ロレックスは特別版の発売にも熱心であるため、「空腹のマーケティング」の戦略の下では、当然ブランドの成功につながるだろう。しかし、ロレックスの成功は決して単純な話ではなく、市場のさまざまなうわさの下で、ロレックスはブランドの創造性と時計製造に対する真剣な姿勢に依存しています。

 

多くのロレックスクラシックモデルは、ジュエリーや装飾だけでなく、特定の目的や冒険のために実際に作成されています。たとえば、GMTマスター時計は、時差ぼけの問題に直面しているパイロット向けにパンアメリカン航空によって特別に注文されているため、パイロットは2つのタイムゾーンの時間を知ることができます。同様に、サブマリーナーの時計はダイバー向けに設計されており、1950年代に導入されたミルガウスの時計は、初期の原子力研究所などの高電磁環境で働く人々向けに特別に設計されています。この耐電磁時計は、最大1,000(mG)の磁気密度に耐えることができるため、「Milgauss」(mG)という名前が付けられています。これらの時計が最初に導入されたとき、彼らは普通の人向けに設計されていませんでしたが、徐々に日常着の時計になりましたが、このロマンチックな協会はアンティークロレックスの時計のコレクターを魅了しています。

 

トヨタRVの構築には6時間かかり、ロールスロイスの構築には6か月かかります。しかし、小さなロレックスオイスターの場合、生産時間は1年ほどですか?世界で71位のこの会社には4,000人以上の時計職人がいますが、まず各ロレックスが手作業で作られていることを知っておく必要があります。理由。コンポーネントの欠陥を避けるために、すべてのコンポーネントはロレックスによって内製されており、ロレックスは最高品質の純金材料を精製するための独自の精製所さえ持っています。したがって、最高の模倣工場でさえ、ロレックスと60%以上類似した偽造品を製造することはできません。そして、これはユーザーが長年にわたって手工芸品、時計製造技術、時計職人の遺産を含む多くのお金を払うものです。

 

ロレックスはソーシャルメディアマーケティングに関与してからわずか6年しか経っていませんが、新しいプラットフォームのブランドプロモーションを行う前に、ブランドの認知度を高めるのに最適な場所をすでに見つけています。ロレックスブランドのリシャールミルコピー信頼性は、テニス、ゴルフ、モータースポーツなど、さまざまなスポーツの指定されたニードルブランドであることに依存しており、徐々に一般の人々の心を揺さぶっています。有名人の支持や埋め込まれた広告を含む映画やテレビ業界へのその後の投資も、ロレックスが若い世代に忘れられない印象を残すことに成功しました。