ハイテク時計帝舵Heritage Advisor

1957年のクラシカルな鳴り響く腕時計の現代的な演出として、Advisorは帝舵時計の経典伝承の精神を完璧に体現しています。そのムーブメントは特に帝舵表が独自に開発した機械的な騒音発生機能コンポーネントを備えており、均一で軽快な音を出すことができる。

 
この時計はファッションの雰囲気にあふれていますが、外形と比率は原型の設計に忠実で、中殻、殻耳、外輪に関わらず、有名なDauphineの針、斜めに時計点の標識を切っておよび造型の独特な赤い音を立てる機能の針があって、すべて原型の神髄を残しました。

 
現代の味わいに合わせるため、ケースの直径は34ミリから42ミリに拡大した。このうち、スイッチのボタンは8時の位置に設定されています。点灯機能の指示窓は9時の位置に設置されています。カレンダーの指示盤は6時の位置に設置されています。2時の位置にある上チェーンの冠には「ADVISOR」という文字が刻まれています。また、4時の位置にある冠には、元の表面を丹念に刻んだ帝舵表のバラマークが、上鎖、設定時間、そして調整カレンダーとして使われています。