日本最小の腕時計ブランドMinase Divido

Minaseは日本で一番小さい腕時計ブランドだと主張しています。MinaseはKyowa Co.Ltd.の分岐機構で、1963年に創立され、切削工具のパテックフィリップコピー製造業者です。同社は東京の北約500キロに位置し、ドリル製造や金属切削を専門に行っている。最終的には、精密な穴あけが必要な時計会社の関心が高まっています。自分の腕時計を作るために必要なすべてのものを持っていることを意識し、協和株式会社は2005年にMinaseブランドを創立しました。高い技術力と日本の安倍晋三首相の腕時計の事実を考慮して、このブランドは当然注目に値する。

 
これらの腕時計は一見困惑しているようです。やるべきことがたくさんあります。個人の細部が目立つようになるには時間が必要です。しかし、これらの腕時計を見れば見るほど、それらを鑑賞することができます。最初から「ケース」構造に注目します。時標は文字盤とムーブメントのアンカーポイントとして、二重の役割を果たしています。これにより、光は文字盤の縁を巡って発光することができます。各時計のケース、時計チェーン、時計盤、分針と針は全部糸を引くことと研磨の表面を結合しました。

 
側面から見ると、外側の長さに沿って狭い隙間が広がり、外側の上部と下部が凸耳と出会う。この独特な構造はディヴィドに名声を与えます。エスペラント語では、dividoという用語はパーティションを表します。多面体のデザインのおかげで、冠も目立つようになりました。最後に、Minaseはチェーンを作る時に伝統的な日本の木のパズルに目を向けました。ピンホールはなく、各パーツを腕輪の腕側に締めます。

 
同社はケースごとの表面にいわゆる「sallaz」を使って研磨している。今のところ、この技術はほとんど日本の高品質の腕時計にしか登場しません。注目すべきは、このような研磨スタイルはかつてこれらのマシンを生産したスイスの会社から獲得した名前です。腕の高い職人が手で磨き、わずか0.7ミリの幅の表面にも応用できる。Dividoというと,Minaseはケースの14の異なる表面にSallaz研磨を用いた。

 
このバンドは修正されたスイスのムーブメントがありますが、特に価格範囲を考慮して、日本製というわけではありません。Dividoのゴムバンドのロレックススーパーコピー価格は約3200ドルで、金属製のブレスレットの価格は約4300ドルです。