技術と芸術を積載する宝パー50ÜGMT両地時腕時計

外見の落ち着いた勢いは多くのブランド時計コピーの中で泰山の陣に座ります。「GMT」と「潜水」という二重の技で武林の中でどれぐらいの英雄豪傑を打ち負かしましたか?今は「皇帝」として表界の天下を制覇しています。無敵です。

 
チタンの金属で作られた「鎧」を身にまとい、歯車状の黒い輪を「刃」とし、全体の輪郭がはっきりしていて、体が豊かで、水中の覇者の座を勝ち取ることができる。水中の圧力によるダメージを防ぐために、特に10時の位置にヘリウム排出バルブが設置されています。48ミリのケースの直径はやや巨大に見えますが、このような尺度は数人に人気があります。

 
超大型の古典的な黒い円盤の上にはやや密集しているように見えます。アラビア数字の場合はサイズが入り交じって現れます。歯車式の幾何学プリントの場合は、ピニオン数字の標識に対応しています。全体の配置は対称感があって、均一であります。

 
剣の形の針は設計して、時計回りと分針の中間は溝があって、そして夜光の材質を塗っています。赤い先端を持つ針は秒針で、先端が赤い角形のは第二時間の指示針です。ここで私は思わず二つの問題を聞きたいのですが、全部の針は一つの中心軸に設置されています。歩く時の精度が影響されますか?なぜ小さい秒針の文字盤を設計しないで、大きな秒針を省きますか?

 
サファイアを使ってガラスの底の鏡を磨きます。内部のムーブメントの構造がはっきり見えます。三枚の手作業で飾りを磨きます。テーパーの特許とも言えます。個性の中に興味があります。ベースミラーはベースカバーの外輪にはめ込まれています。全体としては選択式の取り付けがケースにあります。水の深さを防ぐために1000メートルまで達することができます。

 
このオメガコピー腕時計は宝パー製のCal.315のムーブメントを採用しており、動力の備蓄時間は120時間に及んでいます。振動周波数は28800回で、時間ごとに「水中で長時間戦える豪傑」とも言えます。