Garmin初のAMOLEDスクリーン腕時計Venuは今年最も入手できるシリーズです。

日進月歩の科学技術のbuffの加持のもとで、“知能の生活”は時代のシンボルになりました。存在感のあるスマート製品として、スマート腕時計のコピー時計熱が日増しに高まり、製品形態も多様化し、機能もますます強くなり、主にスポーツジム、健康管理、レジャー娯楽という三つのシーンを通じて、携帯電話から独立して運行することができ、もはや「携帯アクセサリー」と軽视されない。この科学技術の東風に乗って、Garminのスマート腕時計の製品もだんだん成熟してきました。最近のIFRA大会では、一気に3つのシリーズのスマート腕時計を更新し、2019年の成績表に大きな墨を加えました。その中で、初めてAMOLEDの画面を導入したGarmin Venuは、より全面的な健康管理機能を導入し、多くのGarmin最新の科学技術を追加し、Garminの強力な運動遺伝子を継承しています。

 
多くの人の印象の中で、Garminはアウトドアスポーツの分野で深く耕しています。初期の腕時計製品(例えばFenixシリーズとForerunnerシリーズ)もアウトドアスポーツの人々のニーズに基づいて誕生しました。ここ数年、スポーツフィットネス、健康生活、レジャー娯楽、ファッションの流行の人々の融合、浸透に関心を持っています。Garminはこれらのグループの核心的な需要に注目しています。そして、自社製品にバランスをとって、新しいスマートウォッチ製品ラインvivomoveシリーズとvivoactiveシリーズを開発しました。最近発表されたGarmin Venuは、また新たなシリーズであり、大衆市場向けのGPSスマート腕時計製品です。このシリーズは主に健康生活、軽い運動、デジタル科学技術に関心を持つ人の位置を決めています。

 
多くの人の印象の中で、Garminはアウトドアスポーツの分野で深く耕しています。初期の腕時計製品(例えばFenixシリーズとForerunnerシリーズ)もアウトドアスポーツの人々のニーズに基づいて誕生しました。ここ数年、スポーツフィットネス、健康生活、レジャー娯楽、ファッションの流行の人々の融合、浸透に関心を持っています。Garminはこれらのグループの核心的な需要に注目しています。そして、自社製品にバランスをとって、新しいスマートウォッチ製品ラインvivomoveシリーズとvivoactiveシリーズを開発しました。最近発表されたGarmin Venuは、ブランドコピー時計また新たなシリーズであり、大衆市場向けのGPSスマート腕時計製品です。このシリーズは主に健康生活、軽い運動、デジタル科学技術に関心を持つ人の位置を決めています。