Chrysannel themm Sakura「江戸切子」水晶文字盤腕時計

「Chrysannel themm Sakura」は、「桜」をテーマにして、水晶の文字盤に伝統的な「江戸切子」のカット工芸を採用しており、細部と工芸の美しさが詰まった腕時計です。

 
「江戸切子」(Edo-kiriko)は、19世紀の日本の伝統的なガラス切断技術の起源であり、職人が回転する砥石でガラスに複雑な模様を彫刻し、彫刻模様は完全に手作業によって制御され、どのようなミスでもガラス全体の使用価値が失われます。

 
この新しい時計の文字盤には「キク-ツナギ-mon sakura」という図柄が使われています。江戸切子の工芸の中で高度に複雑な紋様が使われています。中心から16本の線が放射されて、まるで一輪の満開の「菊」のようです。

 
厚さが0.5 mmの文字盤をカットし、磨き終わったら、5点と10点の釘でシャーシの底に固定します。使用者に精緻な模様を楽しんでもらうために、文字盤のレイアウトは一番簡単な三針で、時標は表輪の内側に隠れています。

 
42 mmのバラの金の時計の殻は糸を引き延ばして処理して、時計の冠の上で彫刻して桜の図案があって、文字盤をひっくり返したことがあって同様に精密に桜の図案を彫刻するムーブメントの底板と橋の板を見ることができます。

 
Unityas 6498手動でチェーンコアを搭載し、常に高度に改ぞうされているクラシックムーブメントで、動力は50時間まで保存されています。

 
限定8枚で、価格は558万円(約5万ドル)で、お客様のご要望に応じて、文字盤彫刻の図案をカスタマイズできます。