リメイク版19令ムーブメント懐中時計:「Omega 19 Ligne Caliber」125周年記念

有名な懐中時計のムーブメント「Omega 19 Ligne Caliber」の生誕125周年を祝って、Omegaは原版の部品と新製のねじを使って19枚のリメイク版の19のムーブメントの懐中時計を作り出し、懐時計愛好者たちに完全に原作に忠実な歴史モデルを持たせることができると発表しました。

 
1894年、Omegaの前身であるスイス時計工場Louis Brandt et Fresは「Omega」という懐中時計の芯を発売しました。この直径は19 Ligne(約42.85 mm)で、多くの突破的な設計を持っています。初めて上鎖と調教機能を表冠に集めて、初めて標準化生産のために設計されたムーブメントです。ムーブメントモジュールの汎用化により、制作とメンテナンスの効率が大幅に向上します。Omega 19 Ligne Caliberの重要な影響力を考慮して、1903年Louis Brandt et Fres時計工場はOmega Watch Coと改名しました。

 
Omega 19 Ligne Caliberは1923年に生産を停止しました。最後のムーブメント部品は本社の博物館に保存されています。Omegaは、今回発売されたリメイク版のムーブメントのマザーボード、ブリッジ、縦拘束、サイクリングのすべての部品は原版の部品から来て、磨きと修復を経て、現代製作のバネケース、ねじと結合して、新たなアップチェーンと調整システムを備えて、ともに完全なムーブメントに組み立てると発表しました。

 
重製版のムーブメントは19枚限定で生産され、19枚の「半猟師式」の懐中時計に搭載され、冠は3点位置にあり、周波数は18000 vphである。最終的な懐中時計のデザインと価格はまだ公表されていません。