2019愛宝を鑑賞する時のアルプス三峰シリーズ。

エバー時(EPOS)はスイスの伝統腕時計ブランドとして、長い歴史を持つスイスの時計文化と時計技術を持っています。今まで、愛宝時(EPOS)は依然としてスイスの伝統的な審美情趣を受け継ぎ、ブランドが長く蓄積したオリジナル腕時計技術を結び付けて、この伝統と革新を兼ね備えた腕時計を持ってきました。時計はスイスアルプスの三大雪峰を背景にして、高くそびえる艾格峰、僧侶峰、少女峰の上にあります。明るい星の中に明るい月が浮かんでいます。晴れた夜空の中で。

 
9時の目盛りから3時の目盛りは纯度の銀立体目盛りで、繁雑な星の間で時間を読むのは一目瞭然です。デザイナーがもっと奇想天外なのは、時計回り、分針は夜光設計を採用します。12粒の小さい粒の夜の光の玉は星のために配合して、光線の少し弱い環境の中で1組の雪山、朗空、星、曲がった月の美しい景色を鑑賞することができます。

 
カレンダーの針の先の設計の風格はとても面白くて、曲がった月型の針の先と小さい粒の夜光の玉の目盛りは雅な青い面の上の対立になって、神秘的な月の相を加えて、1度の2ヶ月の同じ日の天象の奇観を演繹します。4時の位置と8時の位置の月、週の表示ウィンドウも調和して巧みに迎えて、配置の雅観。この腕時計の背景テーマを説明するために、6時の位置にスイスの三大雪峰:Eiger艾格爾峰、M?nch莫希峰、Jungflau少女峰などの芸術書体が展示されています。

 
このケースのデザインはスイスの古典元素を受けています。復古クラシックの趣のもとで、腕時計の技術理念が現れます。二重の円弧精密鋼のケースは多くの磨き磨き技術を採用しています。装飾者に明るくて柔らかい質感を与えます。冠と殻の全体的な協調性のために、採用した復古玉葱の表冠は画竜点睛の役割を果たしています。設計の偏平型は冠頭を大きくして深い溝の紋様を採用しました。手動で鎖を補う便易性も大いに強化しました。

 
この高グレードのDD 9000自動のマシン芯を採用して、背透式のサファイアのガラスの表の底を通じて内部の精巧で精密なムーブメントを鑑賞できます。月相、カレンダー、曜日、カレンダーなど多くの複雑な機能を持っています。カレンダーの伝統的な単時計の冠はムーブメントの難易度の上でももっと複雑です。