真実を守り、革新を受け継ぐ:孔雀潮陀、中国産の世界牛商品

世界38回目の香港時計展覧会は、2019年9月3~7日に香港会議展覧センターで盛大に開催されました。孔雀の時計は国家三大重点腕時計生産基地の一つとして、中国時計陀飛輪腕時計製造(丹東)基地の国潮新勢力はかつてない科学技術工業風気場で展示会に現れました。巧匠のムーブメント、腕時計は各界の時計の収集者、愛好者と孔雀表の発展を愛する友達と会います。

 
今回の展覧会では、孔雀表は「ファッションと科学技術」を展示館の設計基調とし、会場全体はファッション革新と工業復古の美学を融合させ、細部の配置ごとに動静が一致し、雰囲気が全開で、まるで独特なLOFTの雰囲気が漂う時空の中に身を置いて、細心に製品を読んでいます。

 
クジャクの時計にとって、ブランドを作るのは従来から信仰であり、民族の使命でもあります。クジャクは1957年以来、ずっと意匠の研究に力を入れてきました。光り輝くことと低い谷を経験した後で、依然として挫折を経て前に進む階石になって、本真をしっかりと守って、複雑な機械の芯と巧みな工芸の製造に専念して、信奉がある中国民族のブランドをします。