見逃せない!伯爵2ミリ超薄型コンセプトが初登場

登場する年次台北101ショッピングセンター「World Masterpiece」のトップジュエリー腕時計大賞を迎え、高級時計ブランドの伯爵がスイスから初めて航空便で極薄の「Altiplayerの究極コンセプト腕時計」を披露しました。クレジットカード2枚の厚さのため、世界で一番細い腕時計です。また、今年初めにスイスで発表された、全く新しいアラティプラノシリーズの隕石フェイス限定作品と、唯一無二のトップジュエリーの陀陀飛輪3つの逸品が展示されています。本日から「World Masterpiece」のトップジュエリー腕時計大賞までは、4階の独一文創展スペースゾーンや伯爵101専門店で鑑賞することができます。

 
「超薄型の概念は19世紀中葉から発展している」と伯爵は時計専門家の陳毓鴻(Henry Chen)を誘って、超薄型の技術の発展を解説した。産業革命後、人々は古典的な服を脱ぎ捨て、モダンなスーツが流行し始めました。この非常にフィットした服装は、ヨーヨーボールのように厚くて丸い懐中時計とはマッチしませんでした。スーツのポケットに隠れる「薄さ」の表に貼ることができました。「1943年に創立された伯爵は、当時3人しかいませんでした。超薄ムーブメントを作れるブランドの一つ。その後のブランドは1957年と1960年に発売された厚さ2ミリの9 Pの超薄型ハンドで、12 Pの超薄型自動磨きムーブメントが画期的な定番となりました。

 
そして、ムーブメントを製造した伯爵は、アルティプラノの腕時計60周年を喜び、2018年初頭にUltimate Concept Watchの究極概念腕時計を発表しました。全部で4年間の研究開発、5つの新しい特許を持っています。構造が独特なバネケース、全く新しい構造の調速器、扁平の表冠、独特な仕上げ機構、そして直接にあります。ケースには「モザイク」0.2ミリの超薄水晶ガラス製のゴーグルをはめる技術があります。超薄型の時計が外力で曲げないようにするために、ケースは超硬コバルト基のハイテク合金(cobalt-based high-tech alloy)で製造し、44時間の動力貯蔵と日常防水機能を備えています。コンセプトシートは現在販売されていません。難易度が高いので、3枚しか作れません。

 
同時に初登場したのは、さまざまな色の隕石をちりばめた一連のAltiplannoの腕時計で、伯爵のモザイク鉱物の硬宝石を手本にした文字盤の伝統を継承しています。「1970年代には伯爵が最初に鉱物石を女表の文字盤にしました」と陳毓鴻氏は、「鉱物石は0.3ミリの厚さに切ります。今はスイスでは数少ない職人しか作れません。今回も2千万円の最高級の対陀飛輪を展示して、陀飛輪を分針の端に置いて、分針単位で1週間回転して、分針通りに歩く時の「公転」は時計史上に有名なクラシックムーブメントです。