腕時計ファッション工芸——編み模様のベルト

編み物のバンドは腕時計にファッションの雰囲気を与えます。帝舵のHeritage Ranger腕時計は、バンドは違う色の糸で編集されています。緑色の迷彩模様が現れます。この工法はこれまでにない豊富な質感を創造するだけでなく、優れた快適性と耐久性を提供します。
布地の起源は軍事用途に関連しています。70年代初め、北约机构(NATO)は防水ナイロンの布でバンドを作りました。帝舵は経典のスポーツカーのシートベルトをモチーフにして、調整可能なベルトを作り、バックルを使ってベルトを適当な位置に固定します。

 
2000年にスポーツウォッチの収集者の間でブームが巻き起こりました。ほとんどのスイスの高級時計ブランドはきっかけを把握できていません。或いは、編み模様のバンドは精密工業と関係がないと思います。

 
帝舵と協力しているのはフランスにしか残っていない「花引き」工法を使った織造工場です。「花引き」工法は高密度紡糸の長所を持っています。バンドの柔軟性と快適さと丈夫さを確保できます。その後、バンドを織ることは、表業界の一大経典となり、帝舵表が演繹した技巧工法と美学特色はやはり魅力的である。

 
腕時計のデザインのインスピレーションは1960年代末に登場した「Ranger」に由来し、歴代の名表を有名にした美学的な特徴を残しつつ、現代的な雰囲気を注ぎ込んでいます。

 

Tudor Heritage Rangerのケースの直径は41ミリで、サテン研磨砂によって装飾されています。このサイズは以前のモデルよりも現代のトレンドに合っています。時計の耳にはドリル穴があり、バンドバーを固定します。黒い丸アーチの表面には帝舵バラのマークがあり、円アーチの鏡面を備えています。腕時計のベルトはいろいろな選択があります。各デザインには編み物のバンドがあります。人々に違った美感体験をもたらします。