鉄と銅の縁結び:豪利時Oris Divers Sixty-Five Bico腕時計

いつからか、青銅の腕時計が大道を歩き始めたようです。豪利時(Oris)は適時に戻り、Oris Divers Sixty-Fiveダイバーズウオッチを発売し、50年前に初めて発売されたシンボルダイバーズシリーズを再現しました。新型のOris Divers Sixty-Fiveダイバーは60年代の原型レトロな形をしていますが、21世紀の表工芸を採用して現代感を持たせ、現代的なモダンな特色を備えています。この腕時計は鋼鉄と青銅の組み合わせを採用しています。彼らはビッコと呼ばれています。しかし、まだ40ミリのケースがあります。サファイアやレトロな外観のデザインは、今のレトロな青銅+ブームにぴったりです。

 
腕時計は防腐ステンレス製で、直径40 mmで、大众の腕にぴったりのサイズです。側面の冠はステンレスの材質で作って、全身は滑り止めのテクスチャを使って、腕時計が精密に校正できる時を保証します。復古バブル曲面ガラスは、ガラスを傷つけないように、サファイア水晶を使用しています。内部に反射防止コーティングがあり、眩光を減少させ、水中の読みやすさを向上させます。青い文字盤はライトラジウム灰色の蛍光材質の針と目盛りを合わせて、腕時計の鮮明な視認性を保証します。茶色の革のバンドを組み合わせて、腕時計の配色に合わせて、腕の間で組み合わせて、現代風を表現します。表底は密封設計を採用し、腕時計の防水性能を向上させ、内部には01 733 7707 4355-05 20 45を搭載し、スイング幅28,800 A/h、4 Hzを搭載し、動力貯蔵は38時間である。