クラシック設計と高複雑な機能が一体となっている『ソナタ鳴動腕時計』

「Sonana鳴動腕時計」は高複雑な機械腕時計で、UN-67を使って自動的にチェーンマシンの芯に乗り、シリコーンの遊糸と特許の慣性摆輪を結合します。アテネ時計は一貫して複雑な機能の腕時計に優れています。この時計は優美で独特な大聖堂のベルを鳴らす装置があります。12時と2時の間の位置には、24時間の鳴動設定装置があり、夜と昼のサイドバーが設計されています。10時位置の針は鳴動が起動状態にあるかどうかを示します。特に、旅行中に鳴動機能が調整された現地時間と同期します。

 
アテネ時計はツインタイムエリアの速調機能に重点を置いています。4時と8時を押すだけで、地元の時間を速く前後に調整できます。故郷の時間は6時の方向にある24時間青い円盤を表示しています。4時の位置のダブルウィンドウで日付を読み取ることができます。古典的なシリーズのDNAは、機能面の本質的な美しさを強化するために設計された上品さを際立たせています。剣型の針、文字盤、時計の耳、柄からステンレスのケースまで、完璧な融合です。「ソナタ鳴動腕時計」はステンレスのケース44ミリ、チタンの金属の時計の輪とサファイアの水晶の時計の背を持ち、防水30メートル、そして経典の本革のベルトと折りたたみのバックルがあります。