鑑赏家の陀飞轮腕时计の背后のストーリ

全面的に開けた球状のガラスの時計鏡の下で、ローマの時の標識の線は硬くて空間感に富んで、簡単な文字盤はてきぱきとした剣の形の針を組み合わせて、中に置いた立体の陀飛輪は非常な動力を提供して、これは金熊の金表鑑赏家の陀飛輪の腕時計で、非凡な技術でトップ級の陀飛輪の卓絶な魅力を演繹しています。

 
鑑赏家の陀飞轮腕时计の研究开発チームは金戴银を着て金の腕时计の研究开発に専念するチームです。この作品に対して、彼らは自分の独特な见解と心得を持っています。
Q:プロのデザイン研究開発チームとして、腕時計業界についてどう思いますか?
A:中国の消費水準が高まるにつれて、贅沢品の見通しは楽観的で、腕時計の消費は大体二つの傾向が現れています。一つは腕時計がだんだん高収入層の消費品から普通の大衆消費品に変わります。もう一つは腕時計の伝統的な贅沢品ルートです。
Q:なぜゴールデン腕時計というジャンルを選んだのですか?
A:黄金は永遠ですから、流行のハイテク合金の材質は流行してから淘汰されるかもしれません。将来的に殻が損傷されたら、同じ材料が見つからないかもしれません。ここ10年以来、国民経済の水準は絶えず高くなり、インフレに敏感になり、個人の財産と資産の配置にもっと慎重になり、金表は価値を保ち、危険を避ける機能を持っています。いい選択です。
金熊金表鑑赏家の陀飞轮腕时计は、精密な时计の最高峰であるとともに、目を楽しませてくれる芸术品でもあります。その背後には設計研究開発チームの知恵と心血が凝縮されている。未来、金を着て銀をかぶって、引き続き初心を受けて、専門のチームと協力して、業界の黄金の工芸の新しい模範を確立して、先端の黄金の工芸の発展をリードするために自分の1部の力を貢献します!

 

http://www.bestwatchblog.xyz/