六○年代風大会ステンレス三針日程表GP 1957 vs PIAGET Polo S

1957年はGPの古典的な自動ネックレスシリーズ「Gyromatic」が登場した年で、2016年にブランド225周年記念モデルとしてこの年を新たに引き出し、これを名目に中古モデルを発売しました。レトロで、アンティークというのは、1957年に特定のアンティークのモデルが見つかりにくく、1960年代前後の腕時計のデザインスタイルを練り合わせたような形をしていますので、復刻よりもヴィンテージの方が優れているかもしれません。1966も特定の年という古典的なデザインですが、基本的にはブランドの定番として位置づけられています。語彙の運用は中庸で、意図的に古代に倣った痕跡はあまりありません。日常的に使えるので、デザインの正装感も1966ほど強くないです。

 
1957のほとんどの細部には1960年代の味が漂っています。まずフェイスプレートです。シャンパンゴールドの色はまず復古します。そしてディスク自体はDisc式を採用しています。縁が少し下に折れています。Box式の突面鏡を合わせて、光の下では表面に独特な立体感を形成します。大きいサイズの台形を選んだ時、中軸線の上の6、9、12時を平頭の三角形に変えました。それだけではまだ復古していないかもしれませんが、また時標の中央に紋をつけました。これは本当に古い意味です。面盘の縁が下に折れているため、表と面の接合が外侧の端に少し隙间が出てきます。厳密に言えば、加工には改善の余地がありますが、ある程度はその时の特徴とも言えるでしょう。

 
時の針は淮の道芬の針を標的にして、中央の稜線は溝を刻んでいて、中は夜光の塗料を埋めて、このようにそれは更に日常の実用的な1か所の細い点を重視して、1957と1966の製品の位置付けの上の区があります。時計の直径は40 mmで、六〇年代のレトロモデルについてはちょっと大きすぎるかもしれませんが、今の時計を買う人の好みから言えば、このほうが販売に有利です。時計の耳はケースの側面からつながっています。端まで細く収める幅は大きくないので、全体の耳の印象はかなり重厚です。これは当時の時計の特徴の一つとも言えますが、側面から見ると端は収尖、下折ということもありますので、装着性はそのまま維持されています。