文字盤製造の第一工程——基板

文字盤のデザインはどの腕時計とブランドのイメージの一部です。顧客は設計図面を提出し、エンジニアは工程設計規範製造工程に転換する。文字盤の作業と複雑さは設計、ムーブメント機能、表面処理プロセスに必要な程度に依存します。例えば、大きなカレンダーは必ず文字盤の上に大きな穴を開けなければなりません。月相の指示はまた月盤を印刷しなければなりません。時間コード表の文字盤は製造中の余分なステップを意味します。いくつかのタイプのアップリケは非常に微妙であり、それらは正確な手動作業を含む。これらのプロセスは専門家によってマスターされ、ほとんどの時間が必要です。正確な手動操作が含まれています。最先端のマシンは専門家の目と手に取って代わることができないからです。

 
デザインが決まると、文字盤メーカーはセバucheと呼ばれる金属板から始まります。材質は通常銀、金、ニッケルです。基板が正確な形状にカットされると、2つの小足が板の裏側にリベットされます。この二つの足は2つの小さな金属棒のようで、約1~2ミリの長さで、文字盤をムーブメントの芯に固定します。面皿が金なら、足はいつも黄金ですが、文字盤がニッケルなら、足は銅になります。足が折れたら文字盤もダメになりますので、足ごとに力テストを行います。次のステップはマシンでフェイスプレートの穴を加工します。次に文字盤を90-120次元の強度に硬化します。その後、磨きを洗い、次の装飾工芸を準備します。