月の腕時計オメガの限定版の覇気は襲ってきます。

アポロ計画による唯一無二の月表として、オメガは二、三年ごとに一連の記念を打ち出しています。50周年という壮大な日に、オメガも当然のことながら力を入れなければなりません。

 
オメガはまず18 kの金の数量限定リソグラフィーを発売しました。型番は31.3.0.42.599.001で、18 Kの黄金の殻にブルゴーニュの第赤の輪のビック腕時計を合わせて、1014の時計はもうほとんど売れているそうです。

 
その後、オメガは再び第二項の超覇を発表しました。アポロ11号から霊感を汲み取って、宇宙飛行士の月面着陸の映像から月面着陸の足跡まで、このオメガの月面着陸に対する深い敬意を表しています。

 
9時の位置にMoonshine 18 Kの金の小さい文字盤があって、黒化の処理を経て、レーザー技術を使ってバッツ?オルデリンを彫刻して月の表面の映像に足を踏み入れます。
11時の位置には、MoonsHine 18 Kの金で作られた数字「11」があり、「アポロ11号」を目指しています。

 
表の背には、アームストロングが月の表面に残した足跡と、その名言「THAT’S ONE SMALL STEP FOR A MAN、ONE GIANT LEAP FOR MANKIND」が見られます。
このような精巧な腕時計は、もちろん時計ケースも譲歩しません。