トップレベル実用クロノグラフPP 5170 vs VC Harmony

時間は2008年までさかのぼります。その年にPATEK PHILPPE百達翡翠がRef.5070のプラチナ版を発売しました。その時は5070の生産停止がうわさされていました。この5070 Pは最終的な変更です。一方、PPもLemania 2310のCH 27-70から変更したものを使用しなくなります。取ったのは自分で開発したものです。新人はタイミングマシンの芯を作ります。案の定、次の年末にペダ・フェリアーは特別発表会で正式に彼らの次世代の手を発表しました。タイムマシンの芯CH 29-355は、唯一の予想外です。これだけが期待されている新しいムーブメントが初めて登場したのは、女子時計のLady First 7071の上にあります。

 
実はPPここの策略も分かりにくいです。一方で、中間発表で強すぎる製品を出したくないので、エースを後の表展に残しておいて再開したいです。また、CH 29-535自体の話題性はもう十分です。一回にすべての名札を出す必要はありません。つまり、5070の後継機は自制のタイミングコアとともに発表されていません。私たちの食欲を少しほぐして、2010年のBASELWORLDがやっと発売されました。この千万のタイムテーブルは今回紹介した5170です。

 
第一項5170の材質は黄K金で、2013年に白面のK金バージョンを発売し、元の棒状+ローマ字を宝玉数字に変更しました。2015年に黒い面の白いK金が発売されました。今度は更に面盤外縁の脈拍計も外しました。ついに2016年度のバラゴールドに来ました。黒と白の二種類の面皿を発売して、すべて宝玉数字+脈拍計のない面盤の設計を採用して、これで5170は2種類のバラの金の金と黒い面の白い金の金の金の金の金の金の金の金の金の金の金の金の金の金の金の金の金の金の金を残して、古い設計の白面のK金の金の金の金の金の金の金の金の金の金の金の金