Richard Milleは独自の材質を採用して豪華非凡な勢いを作り出しています。

NTPT炭素繊維のパネルドリルはRichard Milleブランドの新しい試みです。金属の材質は職人達に伝統的な工具でダイヤモンドを固定する金属の爪を作ることができますが、NTPT炭素繊維は違っています。その硬度と耐画特性はダイヤモンド研磨を備えた専用のNC旋盤を使わなければなりません。全部手作業で研磨した赤金または白金の材質の金属の爪は単独で製作したもので、順番によって表殻に配置された細密な直径0.25 mmの穴に嵌められています。これによって250個の至高のダイヤモンドをRM 037腕時計にしっかり固定して、ブランドの優れた技術を完璧に解釈します。Richard Milleの自社生産のムーブメントを装備し、NTPT炭素繊維の材質を採用してダイヤモンドを入れる技術を創始しました。新しいRM 07-01とRM 037女史腕時計はバランスの先端技術となり、完璧な技術を融合させた佳作です。

 
RM 07-01に搭載されたCRMA 2ムーブメントは、多種ユニークなハイエンド素材を組み合わせ、動力を50時間保存しています。このムーブメントは、電気プラズマプロセスで処理された微細なスプレー砂5級のチタン合金で作られており、基板の堅牢さと表面の平滑性を保証しています。ギアドライブの完璧な動作を確保します。ブリッジは同様に5級チタン合金を採用し、微細噴砂と電気プラズマプロセスを経て処理します。この透かし機の芯の底板と橋板は全部長時間の精密テストを経て、最適な強度を確保します。

 
この腕時計は新品のNTPT炭素繊維のボール盤を主なケースとし、5 Nローズゴールドの腕輪を組み合わせています。表殻が示す波状パターンは独特の視覚効果をもたらす。NTPT炭素繊維材料は多層平行フィラメントからなり、フィラメントは炭素繊維から分離されます。これらの厚さが30ミクロンを超えない薄層は先に樹脂に浸漬され、特殊な機械で織られ、層と層の間に45°の角度の錯綜がある。更に6 bar圧力で120°Cまで加熱したら、NTPT炭素繊維材料はRichard MilleにProtartにあるケース工場に送られてデジタル制御工作機械で加工されます。

 

http://www.bestwatchblog.xyz/