オメガ正装表海馬シリーズ511.13.3.3.8.02.01

1948年、オメガはブランドの最初の腕時計シリーズ――海馬を創立しました。今年は海馬誕生70周年で、オメガも贈り物を欠かさない。この大きい3針の海馬はオメガの出した敬意を表す金の1つです。このようなシンプルな正装風は人々の印象の海馬とはかなり違っているかもしれませんが、実は初代海馬はまさにこのようなスタイルです。

 
この表の大きさは38 mmで、ステンレスのケースに光の面の時計の輪を合わせて、薄い銀色のアーチ形の文字盤、研磨の時計の冠と白色の夜光のコーティングを通じて(通って)処理する三角形のアーチ形の時に針を分けて、その上注意して見ることができて、そのオメガの標識はすべて復古の風格で、細い点は非常に所定の位置につきます。表の背にサファイアの水晶があり、オメガの特許を取ったNaiadロック技術を使って、クリス-raftのヨットやイギリス空軍の第一号ジェット軍機Gloster Meteorなどの図案を彫刻して、その原型表の歴史的意義(初代海馬の藍本は軍表)を示す。

 

8806自動ムーブメントを内蔵し、同軸チルト、METAS認証、超強磁性などのオメガの看板黒科学技術は同じです。限定1948枚で、価格は約4万元です。