2019 ROTONDE DE CARTIER二重神秘陀飛輪透かし腕時計

二重の神秘的なドラフトのムーブメントは2013年にカルティエのラシャドーで誕生しました。カルティエの時計の歴史上の重要な一里塚を表しています。ドラフトはまるで空中に浮遊しているようで、ムーブメントとは何の接続もないようです。

 
この陀飛輪は革命的な二重浮動式設計を採用しています。第一重陀飛輪のフレームは60秒ごとに回転します。第二重フレームは全体の「神秘」部分を含み、5分ごとに回転します。これは非常に優れた技術水準を必要とし、全体の協調を維持すると同時に、繊細なケースと複雑なプロセスの要求をも満たしています。すべての部品は全部手作業で装飾され、面取り、糸引き、ねじ頭研磨などの処理を経ています。今年発売された新作は、ローマの数字形の透かし橋と相まって、腕時計をより軽く、精巧に表現しました。神秘的な伝奇的な魔力と透き通る透かし彫りの美学が相まっている。腕時計や神秘的なムーブメントの円潤な曲線は、透かし彫りの橋の鮮やかな幾何学的な線とあいまっている。