オメガCK 2129の腕時計、トム・ハーディが映画「ダンケルク」で着用している腕時計です。

第二次世界大戦の初期、CK 2129腕時計はイギリス空軍(RAF)が最も着用していたオメガ腕時計です。タスクを実行する間、この腕時計の独特な回転テーブルの輪は特定の時間間隔を設定できます。この機能は戦中のパイロットやパイロットにとって重要です。例えば、空爆におけるこれらの時間間隔はしばしば決定的な役割を果たす。

 
また、表の冠を第二段に調整すると、腕時計の回転テーブルの輪をロックできます。不意の衝撃を受けても、時計の針は影響を受けません。最新公開のクリストファー・ノーラン監督の映画「ダンケルク」(Dunkirk)では、トム・ハーディ(Tom Hardy)がイギリス空軍のパイロットを演じ、腕に装着しているのがこの腕時計です。第二次世界大戦の開始に合わせて、CK 2129の腕時計は2,000枚がイギリス国防部に送られました。腕時計はクリーム色の文字盤を備えていて、文字盤のアラビア数字の時間の目盛りと梨形の針とは対照的に、腕時計が読みやすいようになっています。