オメガ星座シリーズのマンハッタンの女性腕時計の外がまぶしいです。

オメガ星座シリーズのマンハッタン女史腕時計の新作はこのシリーズの古典的な外観を続けています。青い砂金ガラスで作った文字盤はとてもまばゆいです。砂金ガラスは「sang-esetarh」とも呼ばれ、星の瞬きのような内部反射効果があり、星座系列の正確な時間の輝きの歴史のように輝いています。

 
29ミリのケースはSedna®18 Kの金で作られています。外観はマンハッタン女史の腕時計の最新設計に続いています。研磨処理された面取り、より繊細な輪とより繊細な爪を含み、腕時計の美しさをより際立たせ、味わいが魅力的です。

 
各砂金石ガラスの文字盤はユニークです。ガラスの半透明質感は明るい金属結晶と出会い、まばゆい霊感を呈する。砂金ガラスは製作過程で特に金属酸化物を添加しており、素晴らしい美しさを生み出しています。

 
新しい腕時計はSedna®18 Kの金の時計の鎖と飾りのチェーンを組み合わせて、オメガ8701至臻天文台のムーブメントを搭載します。ムーブメントと腕時計はいずれもスイス連邦計量研究院(METAS)の厳しいテストに合格し、最高峰天文台の認証を得ました。