オメガ星座シリーズでは、カレンダーの腕時計を体にした「パイ盤」スタイルです。

今、色の豊富な腕時計は市で大流行していますが、新しいオメガ星座シリーズの腕時計は自然に元に戻り、経典の黒と精密鋼の材質を溶かして、現代の腕時計の流れを再定義します。2015年に、尊覇腕時計は世界初の至臻天文台となりました。今は新しい姿と更に精进した工芸で引き続き表業の発展をリードしています。

 
新品のビック腕時計は41 mmの精密鋼のケースを採用しています。古典的なノッチリングは堅実で耐摩耗性のある炭化タングステンを採用しています。ブラックのつや消しの文字盤は、1952年の星座初の腕時計から始まったシンボル的な「パイ盤」スタイルです。文字盤の各彫刻面には月の名前が書いてあります。針、時間の目盛り、星座のマークは全部18 Kの白い金で作っています。6時の席にカレンダーウィンドウがあります。

 
サファイアガラスの表面の背中には、精密な鋼の材質がはめ込まれた天文台の紋章が描かれています。これは星座シリーズの有名なシンボルです。

 
腕時計には明るい黒い皮のバンドを合わせて、オメガ8922から臻天文台のムーブメントを搭載しています。ムーブメントと腕時計は全部スイス連邦計量研究院(METAS)の厳しいテストに合格しました。