美観+実用的で、あっさりした風格は極簡主義を演繹します!

ミッドドーナ女史の腕時計はフランスのレアンオペラハウスのシンプルで淡泊な風格を受けて、極簡主義の理念で腕時計の外観を作ります。文字盤は天然の真珠貝母を採用しており、目盛りには8つの天然ダイヤをはめ込みます。今秋、新しいDONNAシリーズの女性腕時計は伝統を踏襲して、同時に時計の耳のところで20粒のダイヤモンドを象眼して、サファイアの鏡の面は読んだ数をはっきりさせて心地良くならせて、6時の位置の日の窓は腕時計のために実用性を高めました。カリバー80のムーブメントを搭載しており、運動エネルギーは80時間まで貯蔵でき、美観と実用感を高める。新シリーズは、ローズゴールドとシルバーの2つのモデルを新たに発売しました。針、ケース、冠、バンドは同じ色を採用して、渾然一体となる視覚美感を作り出します。

 
バラの金の小さい牛皮の時計の帯の金の直径の33ミリメートル、バラの金の時計の殻は真珠の貝母の文字盤を包んで、28粒のダイヤモンドと互いに照り映えます。ワニ模様のベルトを圧延するのは更に趣があります。銀色のステンレスベルトのケースも貝母の文字盤を採用しています。時計の耳はケースと時計のチェーンをスムーズに連結しています。二つの新商品は雰囲気の違う女性にもっと良いものを持ってきます。