SEIKOセイコー腕時計とは思えない繊細さと高級感

SEIKOの腕時計を知らない人も多いと思いますが、これから一緒にSeikoの前世を見てみましょう。新しい腕時計もありますよ。

 
Seiko(精工)は、元の名前の服部計時店で、1892年に精工舎と改名されました。有名な日本のタブ会社で、1881年に創立されました。1924年に、firstが正式に使用しているのはセイコーの腕時計だけを発表しました。

 
1969年にセイコー、Berligetが世界firstの針式クオーツ腕時計、Seiko ASTRON 35 SQを発売しました。

 
日産・GT-R誕生50周年とSpring Driveデビュー20周年を記念して、Grand SeikoはSpring Drive 20周年&日産GT-R 50周年双慶限定腕時計モデルSBGC 229を発売しました。

 
新しい腕時計はブルーとホワイトの装飾を採用しています。日産のGT-R 50周年記念モデルのようです。紺色のケースは「Bayside Blue」をまねるが、これは数世代GT-Rのロゴ配色である。

 
文字盤は銀白色で、粒の紋様の装飾を経て、そして深い青色で飾り付けて、9 R 96のムーブメントを搭載して、このムーブメントは72時間の動力の記憶を提供することができて、上弦の振子の陀は18 Kの実の金の浮き彫りの日産・GT-Rのロゴで。

 
2001年に、セイコーは自分のSDムーブメントを出して、十数年の練練練と探求を経て、このSDムーブメントはまだ精工のタブ技術の中年に自分の魅力と能力を展示しています。