ロレックス(Rolex)の専属技術の結晶化

2000年から、牡蠣式恒動宇宙の時計を持つ腕時計は全部ロレックスが自主的に開発して製造した新しい4130時間のムーブメントを組み立てます。このムーブメントは耐磁性性と耐震性に優れたPAACHROMを採用しており、腕時計に72時間の動力を格納することができます。

 
この腕時計は自動的にチェーンをつけて、スイス精密タイマテストセンター(Swiss Official Chronometer Testing Institute、COSC)で認証された恒動タリウムムーブメント芯を装備することができます。防水の深さは100メートル(330フィート)に達しています。時計の鏡はサファイアの水晶で作られています。肩を保護するために設計されています。

 
金牡蠣式の保険ボタンがついています。牡蠣式バックルの設計をもとに、開合位置に別途の保険錠をかけました。暖かくて快適な革製のベルトは、冬にぴったりのもので、この腕時計のもう一つの特徴となっています。

 
目を引くデザイン美
牡蠣式恒動宇宙時計は腕時計だけでなく、腕時計も優れています。デザインも経典と言っていいです。様々なデザインが個性的な需要を満たしています。有名な「钢迪」を除いて、ロレックスは今回更に18 ctのプラチナと永远のバラの金の材质を选んで、そしてデザインの中で大胆に宝石と皮革の元素に参加して、この専门のレースリストを惊かせて异なっている超すばらしい美感を现します。精選されたダイヤモンド、ルビー、エナメルなどの貴重な素材は、優れた職人が巧みな技術で象眼し、これらのきらきらと輝く材質と腕時計の結合がいっそう美しいです。