Autaviaの世界を現代風に解釈する

タイガーホーヤーはこのファッション腕時計のインスピレーションはキャビンから生まれました。注目された独特な要素を持っています。これらの元素はこのシリーズの長い歴史に根ざしています。ファンたちはオリジナルのお気に入りの場所、機能性、クラシカルなスタイル、そして多目的な組み合わせ――同じくバーゼル国際時計ジュエリー展に展示されている7つの新しいモデルの中に展示されています。42ミリの直径を持つ精鋼Autaviaの三針表モデルは、第一世代Autaviaの円形のケースと、20世紀60年代の斜面時計耳のデザインを採用しています。60分の目盛りの黒、青セラミックス、あるいは精鋼の両方向回転テーブルが腕時計の動きを際立たせています。XLサイズの表冠は、超大型の冠を使ったパイロット腕時計やタイマーからインスピレーションを受け、手袋を装着しても簡単に操作できます。最初のAutaviaの腕時計はどのような条件でも明瞭で読みやすいことで有名で、2019年の新型もこのようです。時の表示、時、分、秒の針にはスーパーLuminova®蛍光塗料が塗られています。真っ暗な冒険の旅にあっても、時間を読み取ることができます。スモークの文字盤は黒、灰色または青があります。日付ウィンドウは6時の位置にあります。

 
Autaviaシリーズでは、それぞれの時計のバンドや時計のチェーンが交換できます。様々な屋外探検の場にも対応できます。革の小さい牛革のバンドは深い茶色または薄い茶色の二つのバージョンを持っています。精密鋼の時計のチェーンの時計のタイプを組み合わせて、時計の箱の中でまた1本のNATOの時計のバンドがあります。身につける人は家の中でいかなるツールがいらないで、交換することができる時計の鎖とバンドを通じて(通って)その独特な個性を与えて、それによって新しい演繹のこの新しい腕時計のシリーズ。