ロレックスは新型の精鋼ブルーサークルの牡蠣式恒動グリニッジ型Iを発売しました。

ロレックスは新しい牡蠣式恒動グリニッジ型II(Oyster Perpetual GMT-Moaster II)腕時計を発売しました。双方向回転外輪とブルー・ブラックのダブルカラーCrachrom 2の4時間スケールの陶質字圏を備えています。オイスター鋼の材質と記念型のベルトの組み合わせは、2018年に発売された赤と青のダブルカラーCrachrom陶製の丸タイプと呼応しています。ケースと耳の両側にはあっさりとした光沢があり、40ミリのカキ式のケースのシルエットがより際立ち、魅力的です。

 
新しいタイプは表技術がリードする3285型のムーブメントを搭載し、カキ式恒動グリニッジ型IIは2018年に初めてこのムーブメントを搭載しました。すべてのロレックスの腕時計のように、新型グリニッジ型IIはすべて卓越天文台の精密時計の認証を得て、腕時計を身につける時に卓越した性能を発揮することができることを保証します。

 
グリニッジ型は当初、専門パイロットを支援して長距離飛行中の腕時計で運航を支援した。この腕時計は旅行者の優先腕時計になりました。長年にわたって、腕時計の外輪は多種の色と組み合わせで登場しました。単色や二色に関わらず、腕時計のデザインは独特な特色を持っています。

 
伝統的な時、分及び秒針、三角矢印の24時間の針、双方向回転外輪とCrachromの24時間スケールの陶質字圏によって、グリニッジ型IIは同時に二つの時間帯を表示することができます。所在地の時間と出発地の時間を同時に読み取ることもできます。3時の位置に設定されたカレンダーの表示と出発時刻が同期します。