万表チームは、2019年にスイスのバーゼル時計展に招待され、腕間芸術を共にする

バーゼル国際時計や宝石アクセサリー展示会「BASELWATO 2019」は、3月21日から3月26日まで、バーゼル展示センターで6日間の展覧会を開催する。国内の有名な時計の電商のプラットフォームの万表はブランド商の招待を受けてスイスに行って今回の展覧会に参加して、業界の仲間と時計の盛宴を楽しんでいます。

 
バーゼルの時計展は時計やジュエリー業界の風潮として、展示館の規模が大きく、展示面積は16000平方メートルを超えています。毎年、世界各地から有名な人や収集家、時計メディアが参加しています。また、バーゼル時計展は、時計ブランドが急速に消費者に新製品を展示し、知名度を高め、国際市場に進出する重要なプラットフォームです。

 
今年はスワキグループや昆崙、蕾モンウェイなどの時計ブランドがバーゼル時計展を終了したが、今回の出展ブランド数は600社から500余社まで縮小している。しかし、注目されているロレックスやポッツリさんらの有名ブランドは、バーゼルの時計展を新品で登場し、時計ブランドの新ショーが期待される。

 
今年は万表目で8回目のブランドがバーゼル時計展に招待されたという。数年にわたる深さの協力を経て、万表と愛宝の時、ヘルシー、ゲーラのソディ・モラー、クールの高さなど、多くのヨーロッパの有名な時計ブランドが良好な協力関係を築いていた。

 
万表チームによると、今回の出展の目的はブランド商との打ち合わせのほか、より重要なのは、より多くの国際的な有名な時計のブランドから万表のプラットフォームを吸収し、さらに海外の時計ブランドと国内の消費者の間の距離を縮めて、急速に国の腕時計の潮流に発展していることを明らかにした。