宇舶表Big Big Bigの1キーの腕時計は、新しいバンドシリーズを発売

異なる表帯で選択することによって、宇舶来表は女性に対して豊かな服装で選んで、自分自身の魅力を演出します。

 
日本の舶来表は、女性の共通性に対する基本的な需要と、同時に個性を堅持する欲求を追求することに成功した。これに鑑みて、“一鍵式”の迅速に表帯システムを入れ替わることによって、着用者が気軽にベルトを交換し、女性の日常生活に大きな魔力を加えることができる。

 
2019と春夏のシリーズの「一鍵式」は、バンドを素早く交換して6種類の刺繍スタイルを持っています。バンドは、Bischchf刺繍工坊の支持のもとに誕生し、スイスのザンクト・ガレンからの刺繍の世界からファッション界や高級ファッション界の有名人として貴重な織物を作っています。これらの刺繍のデザインは、3種類の配色があります。紫赤/ボルドーの赤、緑/ピンク、緑の松色/青色があり、粗い花の模様や民族風の図柄などを備えており、6種類のバンド帯で、随心の組み合わせを提供し、変幻多姿なファッション生活を楽しんでいます。

 
スイスのサンガレンの伝統的な紡績工芸は中世の頃まで遡っていたが、当時この町では人気のある亜麻織物が西洋の世界で有名になった。しかし、聖加倫の町は1828年に本格的な意義を実現し始めた。当時は工業革命の時期にあって、ヨコア・ヘルマンが初めての刺繍機を発明した。機械式の刺繍の工芸はこの町を全世界で名声を集めて、19世紀の晩に、スイスの輸出量の最大の商品はサンガレン鎮の刺繍品です。これによって、聖加倫の見事な刺繍の伝統工芸と製表芸術を結びつけたアイデアが芽生えた。

 
最初に出版されて以来、刺繍機は大きな技術のアップグレードを経験したが、コアの原理は変わらない:1本の糸の上で、生地の間に飛び交って、目を楽しない図案が入り交じる。「一鍵式」の高速交換表は、Lヤード2 -コード刺繍機によって加工されており、製造プロセスは簡単で複雑です。第1歩は1つの図案を設計する必要があります――“1キー式”のバンドは2種類の図案を提供して、そこで2つの金を設計する必要があります――後に、技術の設計員は図案の設計に対して審査を行って、そして刺繍機の上で必要な刺繍点を確定します。また、職人一人が刺繍機の操作を担当していたほか、最終の刺繍品の検査やカットを行う必要がある。