春の軽霊の鳥語——アークドロ微絵青い雀の時の小針盤腕時計

春日の光の中で、雀の花が競っていた。アークドロ微絵ブルー雀の時は針盤腕時計(Petil Heel Blue Blue Blue Blue Blue Blue Blue Blue)で、細々の間で100年の芸を凝縮した。製表の大家は新しい創作の手法で、国画の精髄を参考にして、35ミリの微細な山雀の鳥の時の小針の腕時計を創作した。表盤全体の画面は色が清新で上品で、大空間の留白と山雀の青い翼の黄腹の明るい色が見事に融合している。ひばりの鳥の姿は霊動して、脆い若枝の上を占拠したり、羽を広げて飛んだりして、あるいは浅吟して低く歌います。

 
35ミリの微絵ブルーの鳥の時の小さな針盤、Petil Heel Blue Blue Blue Blue J00500396。象牙の色の大明火の「Grans Feu」のエナメルの表盤、18 Kの赤い金の表殻、232粒のダイヤモンドを象眼して、自動でチェーンのコアをつけて、動力は約68時間貯蔵して、直径は35ミリ。限定発売28枚。