春の色に香を添えて――アークドロ微絵の花は針の腕時計

「花の中の王」という美しい牡丹があって、ほのかな気持ちを伝えて、牡丹が早春に咲くころの命の奇跡を書いている。アークドロ微絵花卉時には針盤腕時計(Petil Heing Minte Flower)で、精工の細い絵の工芸で、牡丹の団を錦の群れの美しさを描いたように絵のように描き、国色の天香、冠圧の群れを見せた。飛鳥は花の香りに酔って、美しい春を迎える。

 
小絵の花は針盤、Petil Heel Flower J 0050 13201。象牙の色の大明火の「Grans Feu」エナメルの表盤、18 Kの赤い金の表殻、自動的にチェーンのコア、動力の貯蔵は約68時間、直径は43ミリ。限定発売8枚。