積家MasマスターUltra Thn超薄型マスターシリーズ月相エナメル腕時計

新積家MasマスターUltra Thnの超薄型大師シリーズ月相エナメル時計は100枚限定で発売され、新たな手玉にブルーエナメルを飾り、新たな時の落札、月相と刻まれたカレンダーの指示盤を組み合わせている。厚みはわずか10万04ミリの超薄い白金の表殻には、Jaeger -リークラインを搭載した925型自動チェーンの機械コアを搭載し、動力は70時間に及ぶ。

 
腕時計は新しい月相の表示機能を備えており、腕時計6時の位置には月相やカレンダーの指示盤が設けられ、窓の精彫が細り、カレンダーの数字が目立つように、はっきりとした低調な視覚効果を示している。表盤を作るエナメル工芸は歴史の古い芸で、1999年に積家大工坊で復興した。エナメル工芸は完全に手作りを採用しており、積家大工坊を経て丹念に訓練した製表の職人だけが身につけているだけで、制作過程では集中と忍耐が必要だ。