世界で最も薄い真珠陀陀の車輪

薄すぎて高級製表のメロディーになった時、超薄型の追求――世界で最も薄いことは止められない。超薄型自動陀飛のリードは、1980年代後半に発売されたドッダの腕時計で、その後、超薄型自動陀飛の車輪が徐々に人々の視野に入ります。なぜ極薄自動陀飛は称賛されているのか、原因は実は一つのパラドックスである。これは、縦に垂直に構築された構造であり、レベルではなく、フレームを増やすことによって、その構造が垂直に構築されています。また、自動的なチェーンシステムは、一番早いのは、底辺の板挟みに自動的にチェーンシステムが実現されているので、厚みのある構造になっています。

 
そのため、この2つ自体を厚さの構造を増やし、できるだけ薄くして調整しなければならない。その二つのポイントに対して、いくつかの比較的な変更がありました。まず、パールの上のチェーンの構造を使用して、車輪の板挟みにチェーンシステムを重ねていくことを避けることができて、1層の上のチェーンの系を減らすことができて、もちろん元の歩き方は席を譲ることができる。パマ強ニのパールドックシステムは、直接メインクリップに配置され、自動的にチェーンブロック系の厚さを減らす。ブレスレットを効率的にするために、950プラチナの材料を使って作った。

 
第二に、ドッカの部分では、上のスクラップを取り消す飛行機の飛輪を使用しています。しかし、一定の固定構造を少なくして、必然的にツボの安定性に影響があり、この時、パマ強ニは第2の変更を行います――底辺の固定軸の改用のボールベアリング。もしあなたは筆者が書いたボールベアリングについての文章を見たことがあるならば、ボールの軸受の一つの利点を理解するべきで、それは潤滑の作用がなくてはならないだけではなくて、最も肝心なのは完璧に上輪系を支えることができて、宝石の軸受の単点よりもしっかりしていることを支えることができるのです。また、エンジンコア構造の最適化に加え、腕時計が使用するPF 517機の厚さはわずか3.4ミリだった。