身を潜めて静心する

汝の谷には、世の流れを変えて、年を取って月のように流れてきたが、痕跡を残していないかのように、大工坊の制表師と工芸師は、そこで芸と美の世界を駆け巡って、その境界を続けていく。長い間沈静な歳月の中で、造物者たちは太陽の星を感じ、朝の光の夕焼け、繁花茂葉、ウグイスの鳥、自然の中から絶えず霊感を汲み取り、自然と製表の情熱を方寸に凝縮する。
汝の谷の首の大工坊として、創業当初は複雑な機軸の果てしない探索を始めた。1907年には、当時の世界で最も薄い積家145型を作っていたが、1929年に発売された積家101型、世界最小機械のコア。1890年代から、積み立て家が続々と自家製の優れた複雑な時計金を続々と出してきた。傑作は枚挙に暇がない。

 
大工坊は挑戦を止めず、卓越した作品を次々と献上した。百年のように一日のように、心に物を作って、無駄にするのは、大工坊の製表の大家たちが歳月を経て洗練されたものの悟りである。

 

http://www.bestwatchblog.xyz/