パタの表裏一致のデレ

唯一の5つのPieceユニクロは、2012年のパリのアンティーク双年展で、ディカを注目した。デザインのポイントは基本的に1つのようです:皿と表の背はすべて1組の設計を採用して構成して、内外は兼備して、体は精緻です。

 
5つのデザイン、番号は11~15、5枚の腕時計は同門Zenithの助に力を入れ、Zenith Elithの機軸を搭載している。振り子は、表盤にも似合うように、彫刻や玉石、緑の松石や真珠の雌貝を飾り、ダイヤや石をつけている。全シリーズはすべて33ミリの直径の表型で、機械の自動的な弦のコアです。これはすでにコアやレイアウトの違いではなく、唯一の圧倒的な姿であり、表裏一致のデレで、拍手ができる!