IWC新しいポルトガル人7日錬腕時計

IWCは今年、ブランド150周年を祝うために、初頭のSHH表展には大量の特別版が発売された。中には5つのPortugiesのブドウ人シリーズが含まれており、その中には初めてダブラーと万年暦の1枚の腕時計のうち、約250枚のバラの金殻は万枚腕時計となっている。半年未満のブランドは、新たなポルトガル人表を発売することが決定し、さらには、元の限定版である万年暦の時計をプラチナの殻に換えて、銀色の表盤として、非限定のデザインになっている。腕時計は前作と同様、直径は44.2 mmで、5215型自家製の自動機軸を搭載し、純金並陀と2つの発条ドラムを採用し、7日間の動力備蓄を提供する。万年暦は、異なる月の日数と閏年を自動的に識別することができ、2100年までに何の調度も必要ない。双月の損益は、鏡像対称の方式で南北半球の月相の損益を正確に見せることを示し、577.7年後には月の実際の周期からずれている。

 
また、同じ銀色の表盤を同時に1枚発売し、7日間の動能のあるPortugies腕時計、ステンレスの外側の直径は44.3 mmで、搭載されたのは52010のオートコアを搭載している。表盤画には軌道式分刻みがあり、9:00の小さい秒針盤と3:00の位置の動力備蓄ははるかに相対して、さらに6:00位置の日付窓を加えて、清新で簡素化して、そしてかすかに復古の味を持っている。