1四半期の売上は2.2 %下落した

5月9日、Foxlが発表した2018財年の一期新聞によると、グループの売上高は同2.2 %から5.73億ドルまで下落した。注目すべきは、Foslが集中しているスマート腕時計事業は第1四半期で倍増した。Foxlグループの最高経営責任者Kosta Kartsotisは、グループは2018年の1四半期の業績予想を超え、グループの製品面での持続的な革新的な設計と、絶えず国際的なブランドに協力し、同時にインテリジェント腕時計の業務成長が伝統的な腕時計の業績改善につながることを示している。

 
財報によると、3月31日までに、Foxlグループの純損失はさらに430万ドルまで拡大したが、グループの純売上高は30万ドル増加し、営業収入は900万ドルを増加した。その中で、アジア太平洋地域の売上高は、前年比9 %から1.18億ドルとなっており、中国とマレーシアの強い成長を得ている。また、アメリカ州市場の売上高は前年比10 %から2.49億ドル、ヨーロッパ市場は前年比3 %増の2.02億ドルとなった。欧米市場の販売台数はいずれも低迷が続いており、イギリスやフランスでは最大の下落幅が広がっている。

 
Foxlグループはスマート腕時計業務を継続する。財報のデータによると、Foxlスマート腕時計事業は第1四半期に倍増し、全体の腕時計事業売上高は4 %増と、売上高より5 %増加した。また、グループはこのほど、プーマとの提携腕時計事業を発表し、2019年にはプーマ腕時計の正式販売を計画しています。昨年11月には、グループ提携会社がタッチパネルを発売したのは、グループの疲れが続く業績から脱却しようとした。