指揮官は「光復』シリーズ」の全自動機械式時計

繊細な敏感な究極の審美の影響を受け、時計の達人の目の中で、エレガントかつしか至臻凝った神秘的なデザインで、才能は胸の奥が乗り込むの願い。光のあふれた腕時計は、変幻の角度の下で多様な魅力的な視覚的な楽しみを呈することができて、簡単にバーゼルの時計展の上に多くの時計の達人の目を広げて、それを迷い込んで美しい光の中に沈んでいくことができる。スイス美度表新しいシリーズ「光復型どおり指揮官」全自動機械式時計、盛享常磐の名の指揮官シリーズ表の基礎に投入する復刻佳作、眩いスタイルのデザインと俳諧に故人なし2018バーゼル時計展で再解釈。

 
スイス美度表指揮官シリーズ復型どおり「影」の全自動機械式時計簡潔で明るい丸いケース、非凡で失わない輪郭が人並みすぐれている感、明確な流体のデザインをより表項を添えた洒脱の美。文字板デザインは独創性がある、光磨き瀝靑炭灰色太陽紋文字盤インスピレーション源指揮官シリーズ1979年原版表項、上品な大気、文字盤の中央は銀色から黒のグラデーションが放射状に影の効果を表出神秘と魅惑の勢い。ヘアライトは、ミラノの編み物のバンドを磨き、無礼で、肌に寄り添うように着用感を持っています。指揮官は「光復型どおり新しいシリーズ」の全自動機械式時計、敬意を表すスイス美度表じゅうく世紀ななじゅう年代のタブ精神を生み、きっと長い時の流れの中である独自のタブを殘して特別な筆。

 

http://www.bestwatchblog.xyz/