推薦:ティソを懐かしむの経典シリーズ2018複型どおり腕時計

第1目は、レトロなディスクが視覚的にとても快適な感じです。注目に値するのは腕時計盤面の真ん中に位置のマークが「Antimagnetique」(耐震)。初期の表では、特に1930年代ごろの腕時計、防振はかなり重要な指標なので、多くの時計にこの情報が表示されています。今日はね、耐震は腕時計の標準は、ブランドに標との情報が、この標識情報は実は1種の味をあらわし、記念になる。

 
この時計は当時設計された後に製造されていません。ただ1つの設計原稿を保存しました。80年後、ティソがこの表を本格的に作ったのも、とても意味があると思います。また、また、この表を使ったETA6497懐中時計ムーブメント、これも私の好きなところは、昨年も買いました使用6497ムーブメントのティソ1936年复型どおり腕時計から、今度また同じをこの作品を一緒に手に入れた。

 
ティソにとって、七千多元の価格は相対的に高いの区間が考慮腕時計の設計とレベルは受け入れることができるのだと思って、結局これはひとつ買うべきて装着やコレクションのティソ表。