Constancio登Constancio登Classicsシリーズの磁器の芸術の経典の腕時計

Constancio登はかなり驚きのブランドにもかかわらず、それは1つの生産はあれらの手頃な価格、受け手は顔が広いの腕時計を目的とする「若さ」ブランドが、それは成功によっていくつかのブランドの自家製ムーブメントを搭載し、外観の新潮、そして価格面でも非常に合理的な正装表人々にきわめて深い印象を殘した。今年は特にバーゼル表展でそのが発表した新しい表項、1項のは完全に自己開発の万年暦ブランド腕時計、その価格は8000ユーロ程度なので、「届か贅沢」はConstancio登のブランドを最高の定義。今再び、ブランドをもたらした1項の価格を下回る2000ユーロの自動腕時計、今回注目を集めるの焦点は、その手制の陶磁板:Constancio登Classicsシリーズの磁器の芸術の経典の腕時計(ref.FC-302P4S6)。